ハンドメイド

風で飛ばない!帽子にあご紐(リボン)をつけてみた方法!クリップとの違い

帽子が風で飛んでいきそうになるの、
こわいですよね。。

日傘派でしたが、
手ぶらで散歩できると楽だと思い、
帽子をかぶるようになったんですが、

すぐに飛びそうになり、
ヒヤヒヤするし、
手で抑えるのがストレスに。。

ですが!

すっかり解消できまして、
風を気にせず穏やかに散歩しています!

こんな感じで、
帽子にあご紐がついているものや、

手持ちの帽子に、
クリップで紐をつけられるグッズもあるので、

使ったことがない方は、
試してみてもいいですね◎

風で飛ばない!帽子にあご紐(リボン)をつけてみた方法!

↑こちらが仕上がり図です。

私は今持っている帽子を活用したくて、
好みの紐をつけてみました。

市販のものはカジュアルなものが多く、
個人的にはさりげない&上品なものが理想で。

ゴムじゃなく伸びないリボンで、
長さがある程度調整できるのがよく。

そうだ、
ブラジャーの肩紐調整の原理でやってみようと思い、
家にあるものでやってみよう作戦。

このあと、
材料や手順を書いていきますが、

先に言っておくと、
個人的には大満足ですが、
買った方が楽だし早いのは確かです…!

【材料】風で飛ばない!帽子にあご紐(リボン)をつけてみた方法!

まず材料ですが、
こだわりはありつつ、
家にあるものでやってみる、
がテーマでしたので、

みなさんも気楽にやってみてください!

まずは実験がてら適当でもいいし、
こだわってお気に入りを揃えてもいいですしね◎

<材料>
・リボン
・エイトカン(8カン)
・セッパ(本当は丸カン+リボンがいいけど結果手順が減ってよかった)
・針と糸(帽子と同色が◎)

このあたりです↓

リボンとエイトカンのサイズは揃ってた方がいいですが、
家にあるものでやったので、
私のは合ってませんがよしとしてます。

【手順】風で飛ばない!帽子にあご紐(リボン)をつけてみた方法!

なにせ私も初めてなので、
ざっくりゆるくの手順ですが…

帽子をかぶって、
この位の長さにしたいな〜
っていう長さより気持ち長めにリボンをカット。

なぜかというと、

かぶるときに紐が短いとかぶりにくいので、
ゆとりのある長さにしておき、
かぶった後で短く調整できるようにしたいので。

(これが快適なポイント)

で、


↑エイトカンの真ん中にリボンを通し、
リボン端はパタンパタンと三つ折りにし、
縫い止めます。
(適当でOK!)


↑別角度で見るとこんな感じ。


↑つきました◎


↑別角度の図

で、

リボンの逆端の方をエイトカンに通し、
セッパも通してから、
エイトカンをくぐります。

っていうのが言葉だと伝わりにくいですが、
こうです↓


エイトカン部分をアップで↓


リボンの三つ折り部分は、
帽子をつけたときに見えない側、
になるようにするといいです、

が、

えっ!?どっちだ!?
って私はしばしパニックになりましたが、
装着する構えをすればわかるのと、
まぁどっちでもいいです。

(細かいことは気にせずOK!)

まとめ

早速使っていますが、
手で押さえる心配がなくなり、
ほんと紐つけてよかった〜
と思っています。

風の強い日も、
自転車に乗るときも、
これで安心です!

見た目も気に入っています◎

ですが、
まぁちょっと手間っちゃ手間なので、
市販のものから試すのもよいと思います!

<関連記事>

【簡単】靴下の穴の補修方法。1分で出来る縫い方講座!【お直し・繕う】気づいたら靴下に穴があいていた! なんてこと、 結構ありますよね。 そこだけ直せばまだ履けるのに…と。 服飾専門学校を卒...
【対策】帽子が汗染みや変色で白くなったら?汚れが目立たないリメイク!簡単おすすめな補修方法・直す手順 帽子って、 頭や額に直接触れるので、 汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に洗えれば一番いいですが、 素材によって...
【意外なモノでキレイに!】日焼け止めで衣類(洋服)が変色!効果抜群の落とし方・落とす方法【洗濯】洋服についてしまった日焼け止め、 白く残りがちですよね。。 これがなかなか落ちない! もはや謎に変色してしまって、 大変...

ここまでお読みいただき、
ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ABOUT ME
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。