修理・お直し

【対策】帽子が汗染みや変色で白くなったら?汚れが目立たないリメイク!簡単おすすめな補修方法・直す手順

f:id:manakiteruko:20170729223406j:image

帽子って、
頭や額に直接触れるので、
汚れやニオイが気になりますよね。

頻繁に洗えれば一番いいですが、
素材によっては、
洗えないものもあるでしょうし…

ファブリーズなど、
除菌・消臭スプレーでお手入れするとか、
洗わずに風を通すだけにしている、
ということもありますよね。

そんな中、
気付いたら汗ジミができてた!
変色してた!

なんてこと、ありませんか?

だからと言って、
お気に入りの帽子、
捨てるには惜しいし、
でも、洗って落ちるものでもないし…

という時に!

リメイクしちゃうのも手かなと思い、
実際、私がやってみた方法をお話します。

まずは汚れをしっかり落としたい!
という場合には、
信頼できるクリーニング業者さんに、
キレイにしてもらうのがいいですね!

【対策】帽子が汗染みや変色で白くなったら?汚れが目立たないリメイク!簡単おすすめな補修方法

ある日、祖母から
「帽子が変色しちゃったの」
と相談されました。

見せてもらうと、2つの帽子がこの通り。

f:id:manakiteruko:20170729223424j:image f:id:manakiteruko:20170729223442j:image

結構ひどいです。。

「自分で洗ったけど落ちないの」
と言われましたが、

皮脂汚れというより、
汗で変色してしまっているようだったので、
洗っても落ちないだろうと思い…

色々と考えた結果、
思いついたのが「リメイク」でした。

何かリボンやテープのような物で、
変色した部分を隠してしまえばいい!と。

そして、せっかくなら、
より素敵な帽子にしちゃおう!
と思ったのです。

ピンチをチャンスに…!

帽子の汗染みを隠す、リメイク材料に選んだチュールテープ

祖母に提案してみると、
「じゃあ、そうしてもらおうかしら」
とのこと。

一緒に手芸屋さんに行って、
資材選び。

「これがいいのでは!」
と見つけたのが、
幅広のチュールに、
ギャザーを寄せたテープ。

祖母も気に入ったようなので、
それを2つ分買って祖母の家へ。

こんな感じです。

f:id:manakiteruko:20170729223502j:image

同じように見えますが、
テープは2種類です。

ちょっと違いますが、
こんな感じのもの↓

チュールテープがおすすめなのは、処理が簡単だから!

今回はチュールテープにしましたが、
お好きなものをぜひ探してみてください!

サテンリボンとか、
レースリボンとか、
気に入ったものであれば何でもいいんですが、

アドバイスのようなものがあるとすれば…

生地を使う場合、
裁断して使わないといけないし、
裁ち端を折ったりミシンで縫ったり、
始末がちょっと面倒です。

なので、リボンやテープの方が、
その点楽かなと思います◎

チュールも端がほつれてこないので、
切りっぱなし(裁ち切り)でいいんです!

しかも、今回のような、
最初からギャザーが寄ったテープなら、
そのままつけるだけで見栄えもいいし、

ボリュームのおかげで、
ダメージを隠しやすいです!

多少割高かもしれませんが、
手間と労力と仕上がりを考えたら、
全然いいかなと。

確か、帽子1つあたりのテープ代は、
300円したかしないかでした。

もし、自分でやってみたい!
という方がいらっしゃいましたら、
参考になれば幸いです…!

ぜひ、お気に入りの材料で、
自分だけのアイテムにしてください!

自分でリメイクできるか不安…
という方は、
宅配クリーニング業者さんの中に、
リメイクや直しもできるお店もあるので、
お願いしてみるのも手です!

ということで、
実際の仕上がりもぜひ見ていってください!↓

帽子の汗染み変色隠し、リメイク手順

持ち帰らず、
祖母の家に滞在している間に完成させました。

というくらい、簡単にできてしまうので、
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

手順は、イラストでご紹介しますが、
仕上がりを先にご覧いただきたいと思います!

f:id:manakiteruko:20170729223530j:image f:id:manakiteruko:20170729223530j:image

先程の画像では分かりにくかったチュールテープですが、
こんな感じで、ギャザーのボリュームと幅が少し違います。

資材が扱いやすかったのと、手縫いだけでできたので、
本当に簡単です。

変色でかぶれない帽子がある方には、
ぜひ、試していただきたいです。

こんな手順です、本当に簡単!

f:id:manakiteruko:20170729223658j:image f:id:manakiteruko:20170729223709j:image f:id:manakiteruko:20170729223725j:image

この2箇所だけ縫い止めることにより、
このようにアレンジしてかぶれます。

f:id:manakiteruko:20170729223628j:plain

2WAYデザイン、、!

テープをぐるっと1周縫い付けてもいいですが、
取り外しができる(外して洗える)方がいいと思ったので。
(あと、楽に仕上げたかったので(笑))

あまり難しく考えず、
ぜひ、楽しい気持ちでやってみてください!

自分でやるのはちょっとなぁという方は、
無理をせず、得意な方や、
業者さんにお願いするのが安心かもしれません!
納得する方法を選んでみてくださいね^^

まとめ

どちらの帽子も祖母のお気に入りでしたし、
祖母は物を捨てたがらない性分なので…

なるべくまだ使い続けてもらえるようにしたくて。

祖母はとても喜んでくれて、
「あらまあ、素敵!」
とすぐにかぶってくれました!

祖母の大切な帽子、
まだまだかぶり続けてもらえそうでよかったです。

汚れたり変色してしまったら、
捨てるのも一つの手ですが、

汚れが落ちなくても、キレイにできなくても、
生まれ変わらせることもできたりします。

捨てたくない、という気持ちが、
まだ大事にしたい、という気持ちであれば、
少し手を加えてまだまだ使ってほしいですし、
私もそうしたいです。

信頼できるクリーニング業者さんがあれば、
汚れても安心してお願いできますし、
リメイクもお願いできるとなると気が楽ですね。

祖母の笑顔が見られて嬉しかったです!

少しでも参考になれれば幸いです^^

ということで、
お直しの関連記事をこの下に貼っておきますので、
一緒に見てくださると嬉しいです!↓

ここまでお読みいただき、
ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

【お直し関連記事↓】

靴下の穴の補修方法。1分で出来る簡単な縫い方講座!【お直し】気づいたら靴下に穴があいていた! なんてこと、 結構ありますよね。 そこだけ直せばまだ履けるのに…と。 服飾専門学校を卒...
パジャマのズボンは裾にゴムを入れるお直しで冷えずに快適!パジャマのズボンって、寝てると裾が上がってきて、 足や脚がスースーして寒い!ってこと、ありませんか、、? ・・・なんとこのお直し&撮...
ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。