修理・お直し

ニットカーディガンの両脇に穴!ダーニング要素も入れて補修した方法。

繕って着られるものは着る!
の気持ちを大切にしています。

気に入っているものは簡単に捨てられない。。

ということで、今回は両脇に穴があいてしまった、
ニットカーディガンの穴を補修してみようの巻です。

よろしければお付き合いください!

カーディガンの脇の穴、まずじっくり見て向き合う

まず、穴はこんな感じ。

左脇がこうで、

右脇がこう。

右脇の方が激しめの穴です。。

こちらのカーディガン、
とっても気に入っているんですが、
ドロップショルダーで、脇の位置が体から少し離れるシルエットのため、
この脇の部分に力や負担がかかりやすいかったのかも。

ちなみにこちら、、
Jane Marpleで約10年前に買ったもの、なので、
もう十分すぎるほど活躍してくれた服です、、!

でも、脇の部分以外はまだ生地も元気だし、
できればまだ着たいお気に入り。

しばらく放置してましたが、
やっとお直しできました!

興味があったダーニング要素も入れて補修してみた

先程の画像にもチラっと写っていましたが、
例によって家にある糸で補修をしたので、
今回はこのシャッペスパンの60番手の赤い糸を使いました。

一応参考用に。。

お直しの方法自体は、
以前にも載せたこの辺りとほぼ同じで、
あまり深く考えすぎず、穴がふさがればいいスタンスで。

<過去の関連記事>

靴下の穴の補修方法。1分で出来る簡単な縫い方講座!服飾専門学校を卒業していたり、 お直しの職人をしていたこともあるので、 ある程度洋服は作れたり直せたりします。 しかしながら、...
ニットトップスの脇が裂けて破れた!穴が開いても必死にお直しした話。お気に入りの薄手のセーター。 脇がパカっと裂けて、穴があいてしまったんです。 つい後回しにしていましたが、やっと補修しました、、! ...

で、今回ちょっと意識的に、「ダーニング」の要素も取り入れてみました、、!

ダーニングとは、、
ヨーロッパで伝統的な、
衣類の穴あきやすりきれた部分を補修することで、
見たら「あぁ!」となる方も多いはず。

ダーニングにあると便利な「きのこ」が付録のムック本、
先日書店で見かけて、ちょっとほしいです。。
こちら、、!

今まであまり意識せずに補修してきましたが、
確かにダーニングをすることって、
生地がすれて薄くなってしまった箇所の補強になるし、
ニットにはぴったりな方法だし、
いきなりはできなくてもちょっと取り入れたらいいかも、、!と思い立ち。


カーディガンの脇の穴、補修から完成まで

まず、左脇は、いつもの通りというはとりあえずくるくるかがって完成!

<Before>

<After>

いいんです、完璧な綺麗さは、求めない方向性だから、、!
じゅうぶんなんです、、!

で、ちょっとダーニング要素を入れてみた左脇。

<Before>

<After>

もう少しアップで。

どうでしょうか!
我ながらいい感じだと思うんですが、、!

ちょっと細かめの、ぐし縫いに近いなみ縫いで、
周囲を囲って縫ってみました!

正確に規則的にしっかりと縦横縫わず、
割と自由に、必要そうなところを「ここ補強!」みたいに縫い。

これは結構応用できそうです!
力が集中して加わらず、薄い部分が厚く強くなる感じなので、
擦り切れそうな箇所をいい感じに助けられそう、、!

そして、ちくちく細かく縫っていくだけなので、
とっても簡単、、!

「きのこ」なしでしたが、
もう少し広範囲な場合にはやっぱりきのこあるといいかもです。
今回はちょっとした穴なのでなくてもできちゃいましたが!

ダーニングって刺繍糸で、目立つ感じにやるイメージでしたが、
こんな感じで普通のミシン糸で目立たせずやれば、
ひっそりと隠したい箇所には使えますね。

また一つ、勉強になりました!

まとめ

お気に入りがまだ着続けられそうで、
とっても嬉しいです!
やってみてよかったー!!

思うに、ファストファッションと言われる服は、
ワンシーズン使って捨てられる前提な上、
生地の方が先にダメになっちゃうから、
少々直してどうこうできる服って少ないと思うんですよね。。

(まれに安くて長持ちな場合もあると思います。
なにせ私のユニクロのウールニットは10年以上耐久しているし、、)

だから、一部分直せばまだ使える服って、
やっぱり捨てちゃうのはもったいないなぁと思うんです。

直そうが捨てようが、
それは個人の自由だから好きにしたらいいんですが。
(私ももしお金が無限にあったらその選択をしてないかもしれない、、)

でも、人から見て分からない思い入れがあったり、
まだなんとかして着続けたいって思う服は、
やっぱりなんとかして着たいし、着てほしいなぁと願ってしまう。

100%元通りにはできなくても、
それ以外に、方法はたくさんあるので!

今、こうして私の記事を読んでくださった方は、
きっと直したいという気持ちがある方だと思うので、
難しく考えず、気楽にお直ししてみてくださいね!

私も、お直ししてでも着たい服が、
自分で作れたらいいなぁという強い思いがあって、
それを早いうちに実行するつもりでいます。

実行、します、、!(宣言大事、、!)

<修理・お直し関連の記事一覧はこちら>

https://manakiteruko.com/entry/category/修理・お直し

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。