YouTube

【ブログ版】ズボンの穴あき・擦り切れ・破れを補修する方法【修理・お直し実例】

まなきのお直しシリーズ!
今回はズボンの穴・擦り切れ・破れを補修する方法です。
↑私物のパジャマです。

ズボン(パンツ)って、
どうしても摩擦が多い洋服なので、
たくさん着れば着るほど、
穴や擦り切れができやすいアイテムですよね。。

でも、きっとこの記事を見つけてくださった方は!

直してでも着たいというお気に入りの服をお持ちの方や、
穴があいてしまったけどどうしようもないのかなと諦めそうな方、
自分で直すかお直し屋さんに持って行くか迷っている方など、

少しダメージができてしまったけど、
この服をまだ着たい!と思っている方だと思います。

そういう方に、
ぜひ、お直しすればまだまだ着られること、
お伝えしたくって…!

お直し職人の経験がある私ですが、
この「穴をなかったように補修する」技は、
よく褒めていただくし、感動があるし、
好きなお直しの一つです!

ということで、
画像多めでお届けします!

直し方に絶対の正解はないので、
今回の方法を見てくださることで、
何かしらヒントになれたり、
直して着るキッカケになれれば幸いです!

動画版もYouTubeに投稿したので、
よろしければ、ブログ版と動画版、
どちらも見てくださると嬉しいです!
(リンクは記事の最後に載せてあります↓)

ズボンの穴・擦り切れ・破れを補修する方法

↑これが、補修後。
穴がどこにあったか分かりますか??

4箇所、補修しました。

直す前はこんな感じ↓

この直し方は、
やや手間はかかりますが、
その分仕上がりが自然でキレイ。

以前、表にあて布をする方法もお話しましたが、
あまり目立たせたくない場合や、
元の状態により近づけたい場合には、
今回の方法がおすすめです。

どうやって直していくか、
詳しくお話していきます!

穴を補修する準備と必要な材料・道具

↑こんな感じで、光に透かしてみます。

擦れてできた穴は、
実は、周囲の生地も薄くなっていたりします。

穴だけ補修してもいいのですが、
予備軍の部分も補強しておくことで、
結果、長持ちします。

そして、半透明のコレを使います↓

???

接着芯、です!

普段洋裁をしない方は、
持ってない方も多いと思います。
その場合、薄い布を使ってもいいのですが、

おすすめは、10cmから買える手芸屋さんで買うこと。
100円もしないで買えるはず。

通販でも買えます。
できれば、薄手がいいです。

接着芯の最大の魅力は、
片面に接着剤(のり)がついていること。

これで傷口をピタッとふさいでくれます。

この流れで、今回使う材料や道具を紹介します。

・接着芯(薄手が◎)
・ハサミ
・アイロン
・チャコペン(インクより鉛筆タイプ派)

・手縫い針
・しつけ糸
・ミシン一式
・90番手の糸(ロックミシン用の糸やシャッペスパン#90)
→細い糸がいいです!60番手だと太すぎます!

あくまで今回使ったものなので、
参考程度に…!

手順や理由を知っていただくと、
応用が効くはずなので、
ぜひ続きもお付き合いください〜


穴や擦り切れをふさぐ手順

補修する範囲を決めたら、
チャコペンで印をつけます。

印より気持ち大きめサイズで、
接着芯を丸く(角がないように)切ります。

こんな感じ↓

角があると、生地にツンと張り出してしまうので、
なるべく「ま〜るく」がいいです◎

よりしっかり補強したいので、
さらにもう一回り(3〜5mmくらい)大きく切ったものも用意。

まず小さい方を補修箇所にのせて↓

コツは「穴を広げず縮めすぎない」こと。

実際にやってみると、
「こういうことか!」
ってなるはずなので、
いい感じ、を体験してみてください!

アイロンで接着します。

直接アイロンを当ててしまうと、
接着芯の「のり」がアイロンについてしまうので、
いらない紙や布をあてましょう!

もう一回り大きい接着芯も、同様に。

こんな感じで、
すでに穴は目立ちにくくなります↓

ミシンをかける範囲(=チャコの印)に、
しつけ糸で印をつけます。

ミシンをかけるときに迷いがなくなるので、
しつけはした方がいいです!

こんな感じで、
中に厚紙を入れるとやりやすいです↓

次は、ミシンの工程です。

ミシンの糸調子と針目、縫い方のポイント

↑これくらいの(一番細かい)針目がおすすめ。

糸調子は、ゆるめがいいです。
強いと、引きツレてしまいがちなので。

そして!
縫い方のコツをお伝えしていきます。

なかなか文章だと難しい部分があるので、
ぜひ動画も合わせて見ていただきたいところですが…
画像と文章でお話していきます!

ミシンをかけた後の様子がコレ↓で、

ジグザグ、と縫っていくのですが、
ジグザグの先端を「ま〜るく」するのがコツ。
角じゃなく、ほんのり丸くなるように。

こうすることで、先端に「ツレ」が起きにくいです。

角の折り返し地点で、一針横に縫うイメージで。

裏面を見ると分かりやすいのですが↓

こんな感じで、まずヨコにすこ〜しジグザグ縫ってから、
タテにジグザグ縫っています。

それと!

端から端までを一気に縫わないのが、
生地の偏りを防ぐコツ。

右端から中央、左端から中央、
か、
中央から右端、中央から左足、
というように。

この一手間で、仕上がりに差がつきます!

あと、たくさんミシンをかけた方が補強されそうですが、
ミシンの糸がたくさん重なると、
その部分がかた〜くなってしまいますし、
悪目立ちしてしまいます。

必要最低限にするのがコツ!

ミニマリズムの大切さを実感します…!

これがうまくいくと、
とても気持ちがいいので、
ぜひ、何度かやってみて、コツを掴んでみてくださいね!
最初はうまくできなくても、上達していきます!

最後に、しつけ糸を取って、
表からアイロンをかけて整えたら、
完成です◎

まとめ

白っぽいので分かりにくいですが、
Before・Afterの様子です↑

直した4箇所、指差し点検してみます。

よ〜く見ると、縫ったところが分かりますが、
パッと見ほとんど分からなくなります。

こんな感じで、穴や擦り切れができてしまっても、
お直しで蘇らせることができます…!

もちろん、同じものを安く手に入れたり、
新しく別のものを買ったりするのも一つです。
その方が簡単だったり、安く済むこともあります。

でも。

穴があくほど、
擦り切れるほど、
たくさん着て、

それでもまだ捨てたくないって思えるほど、
お気に入りだ!
と思える洋服をお持ちの方には、
ぜひ、お直しするのをおすすめしたいです!

せっかく出会えたお気に入りを、
自分の手や、プロの手で、
お手入れしたり、補修したりして、
長く、大切に着る方が増えるといいなと願っています。

YouTubeでは、
今回のお直しの様子を動画でお楽しみいただけます。
ゆるっとお話しながらやっておりますので、
もしよろしければ、こちらもご覧ください〜!

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

<靴下補修の関連記事>

靴下の穴の補修方法。1分で出来る簡単な縫い方講座!服飾専門学校を卒業していたり、 お直しの職人をしていたこともあるので、 ある程度洋服は作れたり直せたりします。 しかしながら、...

<note書いてます>

noteでは、エッセイやコラム、日記といった感じで、
ブログとは少し違うまなきを見ていただけると思いますので、
よろしければこちらも覗いてくださると嬉しいです!

https://note.com/manakiteruko

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。