朝はフルーツ!をやめてご飯を食べたら過食も落ち着き調子がいい話

以前も少し触れましたが、
私は言葉自体は最近知ったものの、
もう長いこと摂食障害(非嘔吐過食)で。

定期的にひどくなるときと、
逆に食べられなくなって体重が減るときを繰り返していて。

少ないときはとマックス増えたときとで、
体重の差は14kg。
この春人生で一番増えてしまい、、
原因は分かってるんです、ストレスによるひどい過食、しかも食事の後にさらにコンビニの菓子パンやスイーツをとにかく詰め込み続けたから。

精神的なものなので、
「食べなきゃいいだけじゃん」
とか言われるのがつらいし、
何より誰より自分でそう思ってるんで、、

過食をやめたいし、痩せたいし、色々試していくうちに、
最近なんとなくやってみた
「朝のフルーツをやめて、ご飯を食べる」
というのが、いい効果があったので記録として。

朝は消化の時間だからフルーツしか食べない!というこだわり

見聞きして信じていたのが、
「朝のフルーツは体にいい」
「朝は体が消化する時間だからフルーツを食べてそれを助ける」
「フルーツは水以外と一緒に食べると体によくないからフルーツだけで食べる」

(詳しく知りたい方は調べてみてください、、!
今回はそれがどうこうの話ではないのでざっくり流しますが、
フルーツは水以外と一緒に食べるとよくない、と書かれた本がありまして、、)

だから、私はここ10年程、朝はフルーツだけと決めて食べていました。
(一時期フルーツとヨーグルトの時期もありましたが、前述の通り、フルーツのみがいいと聞いてからはフルーツのみに)

痩せているときも、太っているときも、
ずっとそうしてきました。

昼のどか食い、そして昼に食べられないと夜にどか食いする傾向

今までで一番体重が増えて、
着られる服も限られてくるし、
肌も荒れるし、
気持ちも落ち込むし。

このままでは嫌だ!の気持ちが強くなり、
どうしたら心と体が楽になるだろう?と考えるようになりました。

痩せようとしても、過食を我慢しようとしても難しいことは分かっているので、
そこはあまり考えないというのがポイントでした。

朝のフルーツのメリット・デメリットを見直す

そして、ふと朝のフルーツについて考え直そうと思い。
個人的に感じていたメリット・デメリットはこんな感じ。

・簡単に食べられる(時短)
・おなかがスッキリして消化されてる気持ちになる
・ビタミンや酵素が豊富なので体にもお肌にもいい気がしていた

おなかが空いているときには正直物足りなくておなかが空いたまま昼ご飯まで耐えねばならない
果物だけでお腹を満たす(量をたくさん食べる)のはお金もかかるし調達も保存も結構大変

以前はメリットしか感じていなかったのに、
デメリットを感じるようになっていました。

朝フルーツが自分に合わないかもと気づく

そもそも、、

昼夜でどか食い
→朝食べるのが気持ち悪い
→朝フルーツのみで昼まで過ごす
→昼は職場なら人並みの量を食べる
(たくさん食べる姿は人に見せたくない&トイレに行きにくい)or家にいるならどか食い
→昼にたくさん食べようが食べまいが夜も基本どか食いするが、昼に思うように食べていないと空腹感がひどくてものすごく食べる
(空腹感とは関係なく、口に詰め込みたいという心理)

という悪循環を繰り返していて。

無意識でしたが、
朝フルーツだけだし消化するし、夜に食べすぎておいてもいいやと思っていたと気づきました。

むしろ、朝フルーツしか食べないから夜のうちにたくさん食べようという意識もあったかも。。

さらに。
始業時間が早い仕事を始めて、
昼ご飯までの時間が長くなったことも大きくて。
今までより、お昼ご飯までにお腹が空くようになったんです。

となると、
朝→フルーツ
昼→人並みの恥ずかしくない量
夜→フラフラするレベルに空腹なのでものすごい量を食べる

ということが繰り返され、とにかくしんどい。。

そして、思いました。
今の私は、朝フルーツだけだから余計に過食するし辛いのでは、、?と。

ちなみにフルーツは旬かつ手頃かつ水分が多めのものを1個(100〜130円目安)にしていたので、
夏はゴールドキウイ、秋冬はりんごや梨、みかんやデコポンが多く。
(たまに祖母にお供えのお下がりをもらうと自分で買えないものももらえたり、、!)

よく考えたら、梨やりんごはいいとして、
キウイ1個ってお腹空きますよねそりゃ、、

(今後、実験としてフルーツ山盛り食べるとどうなるか?
もやってみたいと思ってますが、それは追い追い、、)

まず、フルーツへの思い込みを捨ててみた

朝はフルーツ!の一点張りで、
それしか受け入れる気持ちもなかった、んです。

でも、そもそもそれって、絶対なの?と疑うところから始め。

それと、フルーツと何かを一緒に食べていけないというのも、
確かに一説ではそうかもしれないんですが、
それを守ろうとすると、、
私の大好きなフルーツパフェや、フルーツタルトやケーキなど、
食べてはいけないものがありすぎて。。

それがこの世にあることは事実で、
それを食べるのは幸せの一つなので、、
あまりガチガチに気にするよりは、
もっとゆるい気持ちで頭に入れるようにしようと決めました。

それを気にするより先に、したほうがいいことあるよなって。

だから、大好きなそれらは食べてもいいし、
朝もフルーツと一緒に何かを食べてもいいし、
フルーツじゃないものを食べてもいいじゃん!と。

そして、今私に起こっている事実として、
「朝、フルーツ少しだけでは、お腹が空いてしんどい」
これがあるわけなので。。

朝、フルーツをやめて、ご飯を食べてみた結果

ということで、たどり着いたのが、
「朝、ご飯を食べる」
という、非常にシンプルなこと。

いや、でも、長いこと習慣になっていたことを変えるって、
結構オオゴトなんですよ、、!

いきなりちゃんと朝ごはんメニューを用意するのはハードルが高いので、
おにぎり1つ、にしてみました。
冷凍しておいて、朝、レンジでチンして食べるだけです。

そうすると、、

驚くほど、元気に!(笑)

いや大袈裟じゃなく、本当に。。

今までなんだったんだろう、っていう。。

私、ただでさえ低血圧で貧血気味なので、
朝はフラフラなんです。。

仕方ないと思っていたのですが、
朝、ご飯(お米)を食べることで、
エネルギー補給ができ、元気が出た気がします。

それからしばらくは、
通常→朝ごはん(おむすびなど)
食べ過ぎた翌朝→フルーツ
というように、調整しています。

こんなに違うのか、、という衝撃。

そしてお通じもいい気がします、、!
朝ご飯を食べることで、胃が動くからかしら、、?
そういう説も聞くので。

お昼までの空腹で瀕死、、というのも減り、
体調もなんだかいい気がするし、
何より夜の過食が落ち着きました。。

それでも食べたい時には、
必要なのかも、ということにして、食べます。

朝フルーツをやめて程なくして、
コンビニ食をだいぶ減らす生活に切り替えもできて、
最近、ちゃんとお米を研いで、炊く、ということができてます。

話せば長くなりますが、
心を病んでから、
料理ができなくなってしまって、、
お米を炊くというのもほぼしなくなっていて。。

それがようやく。
お米を炊く、肉や野菜を買って調理する、ができるように。
何年ぶりでしょう。。

お肉を食べるようになってから、
肌の調子もよくなったっていうお話はまた追って!

当たり前のことが当たり前にできる幸せを噛み締めています。。

まとめ

朝のフルーツを否定する気はないし、
朝のご飯や炭水化物を肯定する気もないです。

ただ、私はどちらも体験して、
体調や生活サイクルサイクルの変化と、
それぞれの違いを実感した、というだけで。

今回の件もそうなんですが、
「思い込みを捨てる」
って本当に大切なことだなって。

特に私はこうだと信じたら疑わないタイプ、、
それじゃいかんなーと思い直し、
今までしなかったことをやってみる、を実践中です。

これもやっぱり心屋さんの影響が大きいです。

以前書評を書いたこちらでも、

「今までと「逆」をやればうまくいく」
のお話が出てきますが、

あわせて読みたい
【書評・感想】あなたは「このため」に生まれてきた!「なりたい自分」になってもいい!心屋仁之助さんの、 『あなたは「このため」に生まれてきた!「なりたい自分」になってもいい!』 とてもいい本なので、思ったこと...

やっぱり思い込みってすごい足かせだったりします。

今回も、いい結果になってよかった!
朝ごはん食べない派の方も、朝は絶対これ!ってこだわりがある方も、
一度違う朝を過ごすと、意外な発見があるかも、、!

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。