【書評・感想】どうしても許せない人がいるときに読む本

f:id:manakiteruko:20171113200620j:plain

先日の大家さんとのモメゴトの件で、
チラッと触れたこちら。

「どうしても許せない人がいるときに読む本」
心屋仁之助さんの本です。

 

読み終えたので、個人的に響いたことなどを。

以前のモメゴトと、本を読む前に許せたエピソードはこちら。

どうしても許せない人がいた時救ってくれた妹の言葉。 自分が悪くないのに理不尽な思いをして悔しいとき、 どうしても相手のことが許せなくて苦しいとき、 どうにかして忘れようとしても...

損してもいいと思うと・・・が起こり始める

許せない!という気持ちは「損したくない!」の気持ち。
損してもいい、と思うことは、心屋さんの本でも度々登場するワード。

損してもいいと思うと、いいことが起こり始めるという話が出てきますが、
それがなぜかという説明があります。

それは、たくさんの「いいこと」をあなたが行うことになるからです。
なにせ、自分が「損する」というのは、
誰かが「得をする」ということですからね。
誰かに豊かさをプレゼントしているのです。

ここ、かなりグッときました。

特に、「豊かさをプレゼントしている」、、!
おおー!私もプレゼントできてたってことだー!と、嬉しくなる単純さ。。

許せない!とカッカしていた気持ちが、
ずいぶんふんわり軽くなるように感じます。

ミニマリストにも通じまくる話

損すること減るってこと、と思うと恐怖で、
あまり持っていないと思うときほど恐怖だけど、
たくさん持ってるって思えると、減ることはそんなに怖くないよね、
みたいな話が出てきます。

これ、断捨離やミニマリストに通じるなーとすごく思いました。

物を溜め込む、捨てられない人は、
「捨てたら損をする」
「捨てたら無くなる」
という恐怖心が強いと言えます。

そういった恐怖を乗り越えて、えいっ!と捨ててみると、
「あれ?捨てたけど大丈夫だ!!」
と思える人が多いはず。

捨てることで「ある」ことに気づける。

ミニマリストはそれに気づけたから、
ミニマルで豊かな暮らしができるんだと思います。

深いなぁと思いながら、読みました。

心屋さんお得意の
「ない」「ある」
のお話が存分に活かされていました。


許せないことが多い人におすすめしたいポイント

「どうせ」と「やっぱり」の法則!

これはあなどれません。
どうせ、、と卑屈になりやすい人(私もその類)は一読してほしいです。
今までいいことなかったって人にこそ、ぜひ。

そして、肝となる、
「『許せない』の種」
の原因4つに関してじっくり書かれてますが、
これは、かなりしんどいこと満載、です。

許せないことが多い人は、本当にしんどいはず。。

しっかり、きちんと、真面目に、、という、
「正しさ」を大事にしているような方。

マイルールがたくさんあって、苦しくないですか?
すぐにイライラしませんか?

私はまさにそのタイプ。

そのマイルールを破るような人や物事を目の当たりにすると、
許せない!!!
と、なってしまいます。

そういった人にこそぜひ読んで実践していただきたいのが、
今までの行動パターンを変えてみることで「許せる幅」も広がる、というくだり。

私は心屋さんの別の本でもこのニュアンスに近いものを読んで、
少しだけ実践できたことがあるんですけど、
視界が明るくなるというか、眉間のシワが減るというか、、

「それでもいいし、これでもいい」
と、許せることが増えました。

イライラすることが確実に減りました。

・・・もともとのイライラがとてつもなく多かったので、
今もなおイライラすることはありますけどね!

仕方ありません、これも私。。

まとめ

どうしても許せない人がいても、
さっさと許しちゃおう!っていうことです。

ただ、そうは言ってもすぐにできない!のは当たり前で。

許せない理由を考え、
なぜ許せない自分が作られたのか?を考え、
「だからかーーー」
と納得できて、始めて、許せるもの。

「許せぬなら、許してみよう、自己も他も」
まなき
(鳴かぬなら〜ホトトギスのアレ風に)

一見損に見えることも、実は得だったり、
今までしたことがなかったことをしてみたら色々な発見があったり。

許せない!!!なら、許せないほど、
許してみちゃうと楽になれるのは確実だと思います。

私はそれを実感しているので。

許せた自分、素敵ーーー!と褒めまくるのも大事!!

いい本を読みました。

やっぱり私、心屋さんに救われた部分が大きくて。

タイトル通り、許せない人がいる方にはおすすめしたい本です。

 

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。