【後編】自分を責めてしまう仲間へ。我慢をやめたら1年2ヶ月で-10kgのダイエットが成功した話

我慢をやめたら1年2ヶ月で10kg痩せられた話、2回目です!

今回は、食事について深堀りしていきます。
超のつく砂糖中毒(シュガーホリック)だった私が、
我慢を一切しない代わりにどんな工夫をしてそれを乗り越えたか、
具体的にお話していきます!

逆に、気合や根性や自制心を持ち合わせている方には、
全く不必要なお話だと思います。

我慢が苦手、甘いモノ大好き、太るモノ大好き、ストレス食いしちゃう、
そういう、私と似ているタイプの方に向けて、
我慢しないで10kg減量できた私の道のりが、
何か少しでもお役に立てればいいなという気持ちで書いていきます。

1回目の記事はこちら。

【前編】自分を責めてしまう仲間へ。我慢をやめたら1年2ヶ月で-10kgのダイエットが成功した話 この記事を読んでくださっている方は、 きっと私と同じように、苦しい思いをしながら食べて、 でも太っているのは嫌で痩せたい、、...

太りそうなものが大好物!食後の甘いモノは絶対!砂糖中毒の日々

ご自身の好物はなんですか?

私はというと、そりゃあ太るよねとわかりやすいもの。
からあげとかトンカツとか豚の角煮とか、
とにかく太りそうなものはだいたい大好き!!!
しかも食いしん坊で大食いでだから量もすごく食べる。

さらに自他共に認める甘いモノ好きの私。
チョコレートやケーキ、ドーナツ、菓子パン、、
とにかく甘いモノが大好き!!!

ケーキ屋さんに行けばフルーツタルト3個、
お供の紅茶には角砂糖を3個沈め、たっぷりのミルクを注ぐ、、
というほどの甘党。

食後の甘いモノは外せないし、
仕事の合間にも常に食べ物のことが頭にあったり、
イライラしてお茶休憩の時には甘いモノを食べたり。

前回もお話しした通り、
タダでもらえるとなれば目をハンターのように輝かせ、
限界まで食べまくっていました。
しかも、お弁当2個等ご飯もたくさん食べた後に。

甘いモノが生き甲斐的なほど、とても大切で、
…というより、甘いモノがないとやってられない!が近いかも。
イライラしたら甘いモノ、寂しくても、辛くても、お腹がいっぱいでも、
とにかく甘いモノ無しでは生きられない、と思っていました。

ただ、異常な量を食べていることは自覚していて、
「砂糖の摂りすぎはよくない」ということも分かっていて、
本当は減らすべきだなという罪悪感もありました。

ただ、砂糖の中毒性はものすごく強いものだから、
「よし、明日から食べないぞ〜」
という軽い気持ちでは断ちにくいはずです。
それでやめられるなら、誰も苦労しません。

それで断てる方は尊敬しますが、
私は全然まったくちーっとも無理で、
ただただ、毎日食べては、自分を責める日々。
なんで今日もまた食べてしまったんだろう、と。。

「砂糖断ち」も調べてもみたし、
一定期間それができれば体も心も変化が期待できそう、
といういことも知りました、けど、できない。。

そんな私が、気づいたら砂糖の量がすごく減らせていました。
それを意識しているわけでなく、我慢もなく、無理もなく。
気づいたら、そういえば、、という感じ。

しつこいようですが、とにかく、我慢しようと思うことはおすすめしません。
むしろ、いかに我慢せず、ストレスにならず、達成できるか、
これがめちゃくちゃ大事で、これこそ全てと言っても過言ではないです。
我慢できないから、辛いわけで、、
我慢なしでいいなら楽で、続いて、結果自然と痩せたわけなんです。
大丈夫です、こんな私でもできたので、、!

今も甘いモノは大好き!です。
ただ、一時期の病的なほどの執着や中毒状態はすっかりなくなりました。
(今もたまにその頃のような食べ方をしてしまいますが、、)

「砂糖がない人生なんてありえない!毎日食べなきゃしんどい!!」
だった頃の私からは考えられないですが、
今は、砂糖は好きだけど、砂糖がたくさんなくても大丈夫。

砂糖自体は悪者じゃないけど、
砂糖とのいい距離感、いい付き合い方ができると、
より幸せな食事、そして暮らしができるんじゃないかなと思います。

以下に当てはまるような私と似たタイプの方は、
結果的に我慢せず砂糖の量を減らせた私の食事の変化は、
なにかしら参考になるかもしれません。

・砂糖の過剰摂取をやめたいけどやめられない
・いきなり砂糖断ちなんて絶対無理
・砂糖を我慢するなんて辛すぎる
・砂糖をやめられない自分を責めてしまう
・砂糖により体調が悪いと感じる
・でも砂糖は好き

なので、砂糖を食べることで何も問題なく幸せ!やめるつもりなし!
という方には全く役に立たない話なことは確かです。

ただの食いしん坊で大食いだけだったらハッピーだったけど、
色々としんどくなって問題だらけになった私が、
そこからどう変化していったか、、

0か100かの完璧主義でダイエットやストレス食いに悩み続けた私がやっと立ち直れそうな殴り書き。ここに辿り着いてくださった方は、 きっと私と同じように苦しんでいる仲間だと思うので、 人生の半分以上をダイエットやストレス食いを繰り...

もし興味を持っていただけましたら、続きもお付き合いください!

腹八分目が無理!満腹に食べる代わりにやってみたリーンゲインズ

腹八分目、できますか、、?
私はできません、超難しいし今も無理です。
おいしいものをおなかいっぱい食べたい。

腹八分目がいいですよっていうのはよく聞く話で、
そりゃそうだろうなぁそうしてみたいなぁとは思います。
思うんですけど、、
それができれば苦労しない!ってもんです。

食べ始めたらもっと食べたい!おなかいっぱい食べたい!
限界までもーっと食べたい!!!
という私からしたらそれは至難の技。
ハードルが高すぎます。

チャレンジしてみようと思ったこともありましたが、
腹八分目というものは、空腹でいることよりある意味難しいかも、、
と感じるほど、私には難しくて。。

ということで、リーンゲインズを試したんですよね。↓

【追記!-10kg達成】プチ断食(リーンゲインズ)の方法と、実際にダイエット効果があるのか試した結果。長年に渡るダイエットと過食の繰り返し、、 色々試してみたのですが、やっぱり痩せてもまた太るから、 自分はこういうもんだなともはや諦め...

詳しくは上の記事をご覧いただければと思いますが、
私には、腹八分目より、時間だけ守れば好きなだけ食べいい!が合ってました。
慣れてしまえば、すっかり午前中の空腹は当たり前のものになり、
午後の食事が楽しみとなりました。

今ではさらに進化?し、
午後早めの時間には冷凍ベリーを100gほど食べて、
そこから30分ほど間を開けて、もりもり食事をとっています。
そのままおなかが空かなければそのままで、おなかが空けばまた食べます。

なので、1日1食(ベリーをカウントするなら1.2食?1.5食?くらい?)の日が多く。

その1食で好きなだけたらふく食べるので、満足感でいっぱいですし、
なおかつ絶対に翌日の食事まで12時間はあけられるので、
リーンゲインズも続けられるわけです。

好きなものを、好きなだけ食べていい!のが最高です!
リーンゲインズ自体、合う合わないはあると思いますが、
私にとっては腹八分目やカロリー計算に比べると、全然楽で。

そしてチートデーのワクワク感といったら、、!
(2週間に1日、あるいは1週間に1食、ケーキビュッフェだろうとなんだろうと、
もう好きなものをさらに遠慮なく好きなだけ食べる日!)

もし、興味のある方も、半信半疑の方も、
未経験でしたら一度試してみるのもいいかもしれません。
いつ始めても、いつやめてもご自身の自由ですしね!
私も最初は絶対無理だと思っていましたが、
今までやったことがないことをやってみるのは一つの手かなと!

もう一度、過去記事を貼っておきます。

【追記!-10kg達成】プチ断食(リーンゲインズ)の方法と、実際にダイエット効果があるのか試した結果。長年に渡るダイエットと過食の繰り返し、、 色々試してみたのですが、やっぱり痩せてもまた太るから、 自分はこういうもんだなともはや諦め...

最初は、食べるもの自体にも全くルールを設けず、
食べたいものを好きに選んでいましたので、
前回お話したような、グミやチョコレート菓子、クリームサンドなど、
決して体にいいわけでも砂糖を減らすでもなく、
「食べたいもの」を最優先していました。

不思議なもので、そうやって過ごしていくうちに、
だんだん「食べたいもの」にも変化が訪れます。

とういことで、次項に続きます。


肌をキレイにしたい!体調を整えたい!食べ物を選ぶ基準が変わった

植物油脂や人工甘味料など、体によくはないであろう食事をしながら、
肌も体も健康で何も問題なら、まぁ別に問題ないわけですが、、
ご自身の体調やお肌、元気ですか?

私はとってもひどく、ボロボロでした、心も体も肌も。
それが当たり前になっていましたし、
自分は醜いから仕方ないと思っていました。
(ひどい肌が回復したお話はこの少し後に記事リンクあります)

体重や体型にこだわるのはやめて、
「食べたいものを食べる」をまず大切にする中で、
だんだん、肌や体調が気になるようになってきました。

肌の悩みとも格闘してはいたものの、
これといって解決するどころか、
荒れに荒れ続けていて。。
それが結構なストレスであると気づきました。

それと、慢性的な頭痛。
ロキソニンが手放せないしすごい消費量で、
頭が痛くない日の方が少ないかもっていうくらい。
かなりしんどくて。。

「肌をキレイにしたい」「体調をよくしたい」と強く思い、
どうやったらキレイになるかな?元気になるかな?と考えた結果、
改めて、砂糖の摂りすぎと肌荒れや体調の関係性と向き合いました。

そこでようやく、肌や体にいいものを食べてみようと思いました。
今はよくない状態だしよくないものを食べている自覚もあったから、
今までと違うものを食べてみようと思えました。

それの一つがサバ缶で、これはとても重要なきっかけでした、、!
食べるものを少し変えたことで、
肌や体調の変化を目の当たりにし、
食べるものがいかに大事か思い知りました。

それについて書いたのがこちらの記事です。
恥ずかしながら自分の肌の画像も載せています。

サバ缶で頭痛改善するか2ヶ月実験!顔の乾燥にも効果があった話。とりあえず、こうやって記事にしているということは、 私自身いい効果を実感しているからなので、 よろしければ参考に覗いてくださいませ、...

自分の体や肌はもちろん、心も、食べ物の影響を受けること、
分かっているつもりで、でも、行動に移せずにいました。
自分にはできっこないし、自分なんて何しても変わらない、
そうやって諦めていたから、変わらずにいたように思います。

変わりたいっていう思いが強くなった時に初めて、
本当に変わるためにやっと行動できるものだなと思います。

肌と頭痛の変化は、体重の減少よりも自分に大きな影響を与えました。
これが本来のダイエットであり、健康を取り戻すということかなと思えました。

2019年初めの頃、サバ缶をきっかけに、
食べるものに結構変化がありました。
心境の変化、おそるべし、です。

主に初挑戦したものをいくつか。

・サバ缶(1月〜)
・素材が優しげな焼き菓子(2月〜)
・ハイカカオチョコレート(3月〜)
・ミックスナッツ(3月?〜)
・冷凍ブルーベリー(3月〜)
・久しぶりのレタス購入(3月〜)
・ギリシャヨーグルト(4月〜)
・久しぶりの肉購入(?〜)

せっかくなのでちょっとしたエピソードも。

・サバ缶(1月〜)

こちらは上で語ったのでそちらをご参照ください!

・素材が優しげな焼き菓子(2月〜)

お菓子好きな方、、いきなりお菓子やめるの辛くないですか?
私は辛いどころか考えられず、、
食べたい!でも肌や体もいたわりたい!
ということで、体によくない得体のしれないものじゃなくて、
素材のいいものにしてみようかなと思い立ち。

ナチュラルハウスなら色々あるかな?と、
シンプルな焼き菓子を見繕ってみたんですけど、
色々な種類をあれこれ買い込んだのが失敗で、、
一気に食べてしまう悪い癖が発動してしまいました。(反省)

でも、これもいいきっかけで、学びは多く。

いくら素材がいいとか体に優しいお菓子とは言え、
砂糖や小麦粉、油が含まれていることに変わりはなく、
それを食べすぎてしまえば同じこと。
多少体に優しくても、むしろ優しげな分、すいすい食べちゃう。
それでいてお財布には優しくない、、

何より、やはり目の前にあるものを調整して食べるのが困難であると、
自分の性質を実感することとなりました。

でも、食べた時の素朴なおいしさもあるし、罪悪感も少なくて、
(だから余計に食べすぎちゃう罠、、!)
何より、いい素材の味の違いみたいなものを感じられたので、
それはよかったなと思っています。

最近はもうナチュラル思考強めなものは買っていないです。
そこまで私の舌はナチュラルさを欲しておらず。。
かといって添加物もりもりもあまり自分では選ばなくなりました。

砂糖、小麦粉、砂糖だけのシンプルな焼き菓子がなんだかんだ好き。
今思い浮かぶマイベスト焼き菓子は、アテスウェイのピスタチオクッキー。
久しぶりに食べたいなぁ。。
いいんです、食べたい気持ちは大切にするので、、!

・ハイカカオチョコレート(3月〜)

チョコレート、お好きですか?
私は甘〜いチョコレート大好き!です!
甘ければ甘いほどいいし、喉が乾くような甘さがいい!
こってこて最高〜!だったんですが。。

あ、ご安心ください、チョコレートも我慢しなくていいんです!
むしろチョコレート好きな方はチャンス!
おいしい&健康のため&お肌の若返るも兼ねちゃえる説もありますから!!

私のチョコレートの食べ方、どう変わっていったかお話をします。

せっかく肌がキレイになってきたのに、
またボロボロになったら嫌だと思うと、
「食べたいのに我慢」ではなく、「食べたくない」に変わっていきました。
これの代わりに、ちょっといいお菓子を買うんだ!という気持ちに。

今まで成分についてはあまり深追いしていなかったんですが、、
(分かっちゃいるけど無視してきた)
肌や体のことを考えるようになってようやく、
添加物や砂糖の配合の割合などを気にするようになりました。

売られているお菓子の裏面(成分表)をじっくり見るようになると、
マーガリンや植物油脂、人工甘味料や着色料、、
あれやこれやの羅列がされているものは、自然と買わなくなりました。

でも、やっぱりチョコレートが食べたい。。

ハイカカオチョコレートが体にいいとは聞いたことがあるものの、
唯一食べた記憶のあるカカオ72%のチョコレートが口に合わなかった記憶があり、
「ハイカカオチョコは私には無理」
と決めつけていたんですよね。

でも、カカオのアンチエイジングや美肌への効果を知り、
ハイカカオチョコレート、別なものを試してみようかな?という気持ちに!
これが転機となりました、、!

別の機会にハイカカオチョコレートの食べ比べ結果のお話をしたいのですが、
(我ながら超真面目にメモに記録をしていたりします、、!)
結論から言うと、自分好みのハイカカオチョコレートは存在しました!
諦めなくてよかった!

私が選ぶようになった基準は、、

・カカオ70%以上
・成分の一番最初(=一番多く含まれているもの)に「カカオマス」がくるもの
(一番最初に砂糖がくるものは選ばない!)
・人工甘味料が入っていないもの
・着色料の入っていないもの
・植物油脂の入っていないもの

これはちゃんと見て選ぶようになりました。

ハイカカオチョコレートでおいしいものを見つけられたことで、
肌のために我慢するのではなく、肌のためにチョコレートを食べる、
ということが実現できたんです!
今ではむしろ毎日欠かせない習慣の一つです!
これは本当に革命的なできごと、、

今ではカカオ70%のものは甘すぎると感じるほどで、
80%以上のものをだいたい食べています!
お気に入りがいくつかあるので、それをローテーションしたり、
よりおいしいものがあるかも!と、今も新たな種類を試し続けています!
楽しいです!

とはいえ、あま〜いチョコはそれはそれで食べたいときがあるので、
(例えばリンツのリンドールとか!)
そういう時には成分そっちのけっで食べています!

ご褒美チョコレートのリンツ「リンドール」おすすめの味と季節限定の感想・レポインスタでもアップしたリンツのリンドールを詳しく、、! 大好きなご褒美チョコ、リンツのリンドール ...

ただ、毎日砂糖の多いチョコを食べることはなくなりました。
すごい変化です。。

・ミックスナッツ(3月?〜)

ミックスナッツは好みが分かれますよね。
お好きですか?
私は大好きなんですが、家族や友人はナッツ嫌いな方が結構います。。
ナッツ好きな方には朗報です〜!
チョコに続き、おいしく食べて健康にもいいシリーズです!

ミックスナッツはほどほどに食べれば体にいいというのは知っていて、
かつて会社の引き出しにも常備していて、
3時のコーヒータイムのお供にしていたこともあったほど!
(思えばその頃痩せていた、、)

ですが、その習慣もぱたっと途絶えておりました。
(なにせタダでもらえるコテコテなもの優先で、
ミックスナッツを買うことも無駄使い扱いだったので、、)

体のことを考えるようになり、ミックスナッツの魅力を再認識。
また食べてみようということになりました。

そう、お金のことを考えるのをやめたのも一つ大きなことですね。
節約せねばという気持ちが強すぎて、必要な栄養のための出費すらためらっていて、
今思えばなんという無謀というか自分にかわいそうなことを、、
と思うんですが、、当時はもう視野が激狭、思考が超極端だったもので、、

ミックスナッツ、再開当初はひどかったんですよ、私の食べ方、、
180gの袋を買って食べ始めたら、
止まらなくなりこれまた一気に食べ切ってしまったり、
気をつけても半分(90g)食べてしまい、、

そこで、コスパは一度忘れて、小分けになっているものを導入。
自分の自制心のなさを潔く認めました。。
1日分(25〜27g)×7日分入っているものにしたら、
時折2〜3袋食べてしまうこともありましたが、
基本的にはちゃんと1日1袋、を守れるようになっていきました。

こういうやつ。

今はもうミックスナッツ、大袋で買えるようになりました!
というのも、小袋になっているものよりも、
大袋でお気に入りのおいしさのものと出会ったから!
味は利便性を上回ります、、!

味の違いがちゃんとあるもんなんだなぁという発見もあり、
食べ比べていてよかったなって思っています!

今のところ、無印良品のミックスナッツが一番好きで、
無印良品週間のタイミングで、340g入りのを4袋まとめ買いしたところ!
難点はやっぱりおいしすぎてちょっと食べすぎちゃうところ。。
でも前ほどひどいことにはならないし、
ドーナツ5個を食後に食べていた頃を思えば、全然いいです!
(比較対象がひどい、、)

ナッツが苦手な方には難しいかもしれないですが、
私、ナッツ全般好きなので、
ハイカカオチョコレートと同様、
おやつを我慢するのではなく、肌のためにミックスナッツを食べる、
となっております。
こちら毎日欠かせない習慣の一つです!

ハイカカオチョコレート&ミックスナッツを小皿に盛って食べてます!
こんな感じで。

おかげで、肌の乾燥もおさまったのかなぁ?と。
そして、貧血対策にもなっている気もしますし、
適量食べてさえいれば、おいしいし、とてもいいです!
(食べすぎると逆に肌荒れする&お腹壊します。
分かっちゃいるけど今だにたまに守れません、、)

・冷凍ブルーベリー(3月〜)

ブルーベリーお好きですか?
お好きならとてもおすすめしたい、、!

すっかり甘いモノを食べることと美肌の両立を叶えるべく、
あれこれ意識するようになり、行き着いたブルーベリー。

アントシアニンやポリフェノールなど、
体にも目にもいいよ〜アンチエイジングにも効くよ〜っていうのは小耳い挟んでいたものの、
ブルーベリーを買って食べる発想はなかったんですが、
冷凍のブルーベリーがあるとふと気づき、試しました。

そしたらすっごく甘くておいしくて!
そういえば私、ブルーベリー好きだったわ!と思い出し。

毎日フルーツを食べたいけど、生のは買うとタイミングや持ち運び、傷むことなど、
色々と気になる難点があったりしたんですが、
冷凍ブルーベリーならそういうの気にしなくていいし、
値段的にもそんなに高くなくて、いいことづくし!
(フルーツ1個、100〜120円くらいがいいなという気持ちなんですが、
ブルーベリー1回100gがだいたいそれくらいなので合格!)

これも毎日の習慣になっています。
最近はミックスベリーも足したりもしています。
こんな感じで!

これもまた色々なベリーを食べ比べて、
ベストベリーを探すのを楽しんでいます!

最近出会ったこのブルーベリーとミックスベリーが甘くておいしくて、
今のところベストベリーです!
何回かリピート中です、、!
(この後いちごだけのも食べてみてますがいい感じ◎)
500gで600円しないくらいなので助かります!!

分かりにくいですがこれです、おいしいです!

多分、これが同じミックスベリーかも、、
VeryBerryって書いてあったはずなので、、
(通販で冷凍物買おうとするとやはりちょっと割高)

フルーツそのものなので、罪悪感なくもりもり食べられます。
これも初期の頃は、おいしいし甘いモノ食べたいしで、
1日で350gの袋を食べ切ったこともありました、、
でも、以前のドーナツ5個(…以下同文)

基本的に、毎日100g食べてます!
おいしさと健康の両立、最高です、、!

・久しぶりのレタス購入(3月〜)

野菜、食べてますか、、?
私はトマトはかろうじて食べる意識をしていたものの、
葉野菜をあまり食べておらずで、、
(洗うのも切るのも面倒で、まぁそれは今もなんですが、、)

食べた方はいいだろうなぁという思いから、
小松菜をちぎってインスタント味噌汁に入れたりとか、
冷凍ほうれん草(今もかなり買う)や、
パック野菜を買ってみることから始めました。

パック野菜、洗わないでいいから楽!なので導入にはおすすめです。
ただ、だんだん、鮮度やコスパや味に敏感になってきて、
ものすごく久しぶりにレタスまるまる1個のを買ったのでした。
当たり前のようで、私にとっては大きな出来事。

なぜか、お菓子には数百円とか出せるのに、
野菜にお金をかけられずにいたんです、、

今は、まるまる1個は扱いにくいし早く食べねばとか傷みが気になったりするので、
1人暮らしにありがたい1/2個とか1/4個にカットしてあるものを買ってます。
レタスも、キャベツも。

最近は野菜を積極的に食べるようになったなぁと思います。
驚くべき変化です。。

キャベツは生で食べていましたが、それだと嫌になってきたので、
最近はレンジで少し加熱して食べています。
茹でるのは栄養逃げるけど、軽く蒸すくらいならむしろ生よりいい説もあるようで、
いずれにしても食べやすい&簡単を優先です。

例えばこれは実に見たまんまですが、
ただ1/8個のキャベツをレンジでチンしたものでして、、

オリーブオイル、味ぽん、マキシマムをかけたものです。

マキシマム、たくさん摂取するのはよくないかもですが、
これで野菜を食べるのが捗るならいいよねってことで使っています。
スパイスのおかげでもりもりいけます。
(ツイッターで話題になっていて、買ってみたのです)

こんな感じでサバ缶を一緒に食べると何も味付けしなけでキャベツも食べられるので、
豪快にこうして食べることあります。

めんどくさいからこんな感じでボウルのままもしゃもしゃ食べたりも。
(味つけは塩昆布とオリーブオイルと胡椒)
でも、やっぱり私は少し加熱した方が食べやすいです。

いいんです、凝った料理を作らなくても。
野菜を食べることが大切です。
面倒なことは続かないから、簡単なことは正義です。

・ギリシャヨーグルト(4月〜)

ギリシャヨーグルト、食べたことありますか?
私はこの時初挑戦でした!

おなかの調子を整えるべく、ヨーグルトを復活させようかと思い、
より余計なものが入っていない&高タンパク&おいしそうなギリシャヨーグルトに行き着きました。

濃厚でチーズケーキみたいでおいしい、、!
としばしはまって食べていました。

冷凍ブルーベリーと混ぜて食べたり!
(洗い物増やしたくない一心で容器に少しずつベリーを入れて食べる図)

最近はかえっておなかが張るようなような気がして、おやすみ中。
何事も、好き嫌いも、好きだけど合わないも、ありますね。
体との対話、大切です。

・久しぶりの肉購入(?〜)

お肉、大好き、なんですけども、、
例によって、「私に肉を食べる資格なんてない」の一点張りで、
数年買わないで過ごしてきました。。
(そしてお菓子は買うのに肉はやたら高く感じる現象、、)

しばらくお肉食べるのは外食のときだけで、
家で料理することもなくなっていたんです。

ただ、サバ缶をメインで食べるようになったら、
しばらくして、ふと、お肉が食べたくなりました。
「私!お肉が食べたいと思っている、、!」
となんだか嬉しくなり、ドキドキしながらお肉を買いました。

かつて料理用に買っていたのは100g49円の鶏胸肉。
他のお肉はほぼ買っていなかったので、
豚肉とか、ちょっといい鶏肉は、すごく高く感じました、、

でも、よく考えたら、これはちゃんと体を作り、栄養になるものだし、
ここでまたケチったり、サバ缶だけ食べ続けるのも限界があるし、
せっかくお肉が食べたいと思ったんだから、買う、買うぞ、、と!
でも結局買ったのは鶏胸肉だったんですけど、、!
それはおいしそうに見えたから&ただ焼いて塩胡椒で簡単に食べようと思ったので、、
いきなり凝ったものは、無理だなぁと。

久しぶりに料理をしたら、
やる前はめんどくさいし片付けはやっぱりめんどくさいものの、
やっぱり、自分で作り料理はおいしいなぁと改めて思いました。

実感できさえすれば時折やろうと思えるもので、
今も、めんどくささをいかに減らし、いかにシンプルでおいしく作れるか、
これまた凝った料理はしない主義でやっております。

何度も作っているのは鶏胸肉に塩胡椒振って焼くだけの、これ。

外の焼き目と、中のジューシーさを極めてきました。
とてもおいしいです。

最初は欲張って複数枚焼いて冷凍したりしていましたが、
解凍して食べるより、1枚焼いてすぐ食べ切るのがおいしいなと思い、
フライパンじゃなくて小鍋で焼いてます、こんな感じで。

料理のハードル、無意識に上げてたなっていうのと、
料理すらできないほど精神が弱っていたなっていうのを痛感しました。
メンタルクリニックに2年弱通ってきましたが、
その頃より、元気を取り戻せているかもと気づくと泣きそうになったりします。

肉は、火が通っていて、自分の好きな味がついてれば、いいんです。
凝った料理、作らなくていいし、
むしろ凝った料理でも得たいの知れない調味料使うより、
シンプルな塩胡椒や醤油とか、そういうのでいいっていうか、
私はそれが好きだし、自分で作るならそれがいいいいなった思ってます。

豚の角煮大好きな私、塊肉も食べたい欲が出てきて、
安売りのタイミングに遭遇できた時には、これを作っています。
豚バラブロックとキャベツの蒸し焼き。
キャベツ1/2個入ってボリューム満点。

これを2回に分けて食べます。
1回分がこんな感じ。
こちらも味付けは塩胡椒のみ。

このキャベツがまたとってもおいしく、すいすい食べられますし、大好きです。
半分冷凍したら、解凍に時間がすごくかかったので、
作ったら、冷蔵しといて翌日にまた食べちゃうのがいいなぁって感じ。

おいしくて体にもいい、が、自分の手で作れることに感動しています。。
もう料理なんてできっこないし、私には無理だった思っていたのに、
食べたい気持ちは、いつしか自分の手を動かしていました。

でも、やっぱりめんどくさいこともしばしば。
基本的にはめんどくさいことは嫌だし食器洗いもしんどい。
でも大丈夫、そんな日は、私にはサバ缶や、他の魚缶があるし、
肉を毎日食べたり、料理を毎日することは、今もしていません。
「あれを食べたいから作ろう」の気持ちが勝てば、作るだけです。

私は要領よくできないし、手際も悪いし、時間がかかります。
そしてキッチンも狭いし、ゲンナリすることもあるけれど、
1回目より2回目、3回目、と、徐々に手が慣れてくるのを感じたり、
自分好みの味や食感ができてくると、やっぱり嬉しいし、
もっとうまくなりたいし、もっとおいしく作りたいと思うようになりました。

作りたくない時は、作りません、辛いから。

たまにはスーパーや、閉店間際のデパートで半額になっているレバー煮など、
調味料や添加物うんぬんの細かいこと言わず、
おいしそうで食べたいものなら、買いますし、
外食で好きなものがあればもりもり食べます。
妹たちとワイワイ飲み食いするときは、
何をどう食べたって、よしです。
それが自分にとって楽しく幸せと感じるなら、いいんです。

一人で泣きながら食べるコンビニ弁当や菓子パンとは、
いろんな意味で全然違うから。
お肉を料理するようになったのもまた大きなきっかけでした。

「好きなものを食べる」と「健康になる」を対立させない食べ方

前項でお話してきたことの共通点は、
「好きなものを食べる」と「健康になる」の両立です。

一番ドン底の時には、
食べたいものを食べられておらず、
おいしいと感じることもできなくなり、
タダで手に入っていた不健康な食べ物無限に詰め込んでいました。

そこから、健康になりたい、幸せに行きたい、、
色々な思いを抱き、まずは「食べたいものを食べる」から始めました。

最初は体にいいものだとかは考えず、
「好きなものを食べる」ようにしたら、
気づいたら体や肌を意識するようになって、
自然と「おいしくて体にいいもの」を選ぶようになっていった、
というのが、すごいことだなって我ながら思います。

もし、最初に「好きなものを食べる」をしていなかったら、
今の私はできあがっていないんじゃないかな?と思います。
もし、また我慢をしていたら、きっと失敗していました。

いかに我慢をしないか、これはとても大切なことだと思います。

自然と芽生えた、体や肌にいいものを食べたいという気持ちは、
食べ物を選ぶ基準を大きく変えました。

「好きなものを食べる」と「健康になる」が対立してしまうものは、
私の目指す「こうありたい」の実現を邪魔するものなので、
それを意識できるようになったら、自然と変なものは選びにくくなった気がします。

例えば、人工甘味料や植物油脂や色々なよくなさそうな添加物もりもりの食べ物は、
健康になることと対立します。

特に私の体や肌は即反応しやすく、そういえば昔から、ファーストフード店でバーガー類やポテトなどを食べれば、その場でニキビが出てきちゃう勢いだったり、、
(それのせいとは言い切れませんが、、)
へっちゃらな人よりも、より注意しないといけないのは確かです。
そして、へっちゃらな人であっても、健康のためにバーガー類やポテトを食べる人はきっと少ないでしょうし。。
(それが好きで好きで食べて幸せ!ならいいんですが、、)

もっと言うと、私の両親は某バーガーショップでアルバイトしていて出会ったほど、
太るべくして太る一家なことを思うと遠い目をしてしまいますが、、
それと、これからの私の食生活は、全く関係のないことで、これからのことは自分で選べるわけなので。

脱線しましたが、、
とにかく、「好きなものを食べる」と「健康になる」を両立することを忘れなければ、
とんでもない選択はしにくくなりますし、
いわゆる「痩せるためには低カロリー」「痩せるには食事制限」は、
私の目指すものと似てるようで違うことなので、、

「好きなものをおいしくおなかいっぱい食べてそれでいて健康になれるもの」
を、あれこれ模索したら、ちゃんと見つかったし、ハッピー!ってことです。
そこは我慢せず、両立できることだと知れました。

時々、それをすっとばしてコテコテに甘いモノや、
コテコテに油っこいモノを食べたくなることもありますが、
それが毎日、毎食だった頃に比べたら、全然いいし、
自分を責めなくなったのは大きすぎる変化です。

まとめ

我慢せず、しかも自然に健康的な食事を自ら選ぶようになって、
気づいたら体重が10kg減っていた、という事実。
自分が一番驚いています。

くどいようですが、我慢していないことがポイントです。

「ケーキを食べちゃいけない」と思えば思うほど食べたくなるし、
「嫌いな野菜を食べなきゃいけない」と思えば思うほど食べたくなくなるし、
「運動しなきゃいけない」と思えば思うほどどんどん億劫になるし、
いいことないです、辛いだけです。
それでいて結果に結びつかないどころか始まりもしないです。

我慢がなければそもそも辛くないから自然にできるし、
習慣にもなりやすいし、習慣になっちゃえば当たり前にできちゃいます。
こっちの方が楽だし、ハッピーです。

我慢が今も苦手な私だから、
いかに我慢せず楽して簡単にするかを考えながら、
おいしいものをおいしく食べることには力を尽くし、
嫌な時間を人生から極力取り除けるように生きようと思っています。

思いながら、たまに我を忘れて、食べすぎますが、
それはそれとして、問題なしです。
同じようにまた体重が増えたとしても、
(ないと思いたいですが、、)
責めることは多分、もうないし、
太っても痩せても自分、に落ち着きます。

そして自分の根っこはやっぱり自分で、
よくも悪くも変わっていない部分があることは自覚しているので、
目の前にあるものを我慢するのができないからまとめ買いはしないとか、
健康と対立するものは買わないとか、
我慢とは別で、自分なりのルールというか基準ができたなって感じです。
(たまに守れない日や、あえてやぶる「チートデー」は大切にしてます!)

ただ、いくら気をつけていても、気をつけていなくても、
急に病気や怪我、事故があるかもしれないし、不摂生していても元気かもしれないし、
それはもう今から考えても努力して備えても、限度があるし、
コントロールはできない領域なことは事実です。
いつ、何があるか分からない。

それでも、目の前のことに向き合って、
今の自分のためにできることはたくさんあります。
未来に怯えすぎず、過去に囚われすぎず、
今を生きることだけは、もう少し楽しめたらいいなと思います。

食べるの大好きな私が、
おいしく食べることを取り戻し、
余分な脂肪とさよならできたように、
どうか、ここまで読んでくださった方も、
自分を責めずに、我慢せずに、幸せな日が過ごせますよう、
心から願っています。
何度も言いますが、絶対無理と諦めていた私もできたから、
ここまで長〜い私の話に付き合ってくださったあなたなら大丈夫です!
一回ダメでもまた次があるし、今がその時期じゃないだけであって、
繰り返し向き合っていれば、気づいたらできてた!ってなるはずです。
とにかく、失敗しそうになっても自分を責めず、
そこで人生終わりじゃないことを思い出してください!
ダメだって思ってる間はまだ責めている証拠です!
今の自分の快適を大切にして、その日をぜひ、迎えてください!

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。