汚部屋あるある!怖い!片づけ中に出てくるモノ(1)

f:id:manakiteruko:20160802011429j:plain

ミニマリストの途中、
シンプルライフを目指すまなきですが、
汚実家出身です。
実家は今もモノまみれで汚いです。。

汚実家の片づけを、よかれと思って実行しても
ありがた迷惑的な扱いをされたので、
もう絶対に何もするまい、と誓ったんですが、
色々あって、(いずれお話したい・・・)
最近またちょっとやっています。

汚実家出身の方には共感していただけるであろう、
「汚実家あるある」を気まぐれに記事にしたいな、と。

汚実家出身でない方には、
「ウソでしょ?」
「気持ち悪い・・・」
「意味が分からない・・・」
なコトもあるかもしれませんが、
異文化交流的に楽しんでいただければ幸いです。

むしろ、私もウソであってほしいし、
気持ち悪いですけど、
現実なので、、なるべく全否定しないよう頑張ってます。
私もできなかったコト、多いですから。

汚実家で悩んでいる方には、
ぜひ読んでいただきたいですが、
あまり愉快ではない内容なので、
食事中や明るい気分の時には適さないかもしれません。

不快な思いをさせてしまったら、申し訳ありません。。

汚実家あるある:あらゆるところから食品が出てくる

中が真っ黒な空のペットボトルだとか、
汚れた食器なんかも出てきます。

なぜか揚げ玉(もちろん期限切れ)が3袋とか、
小皿に取り分けたピーナッツ(危険なほわほわした物体付き)とか、
得たいの知れない瓶詰めの何か(危険すぎて直視できない)とか、
ウソだろう、、のオンパレード。

台所や冷蔵庫から、ならまだ分かるけど(それも危険だけど)
それが、部屋から、しかも奥底から出てくる。

ちょっと食欲がなくなります。(一瞬だけ)

本体食品があるべき台所は台所で、
かなりのカオス状態ですし、
もう家中に食べ物(というか色んなモノ)が散乱しています。

食品は食品の「定位置」を決めて、
それ意外の場所には持ち込まない!
というのが衛生的だし、楽なはず。

汚実家あるある:見たことのない謎の虫が出てくる

これが本当に、ほんっとーーーーーに嫌!!!(涙目)

Gで始まる黒光りするアイツだけでなく、
ダニっぽい大き目の干からびた虫とか、
何か甲羅っぽいモノに覆われたような虫とか、
小さくて白くて細長い、うなぎみたいな動きで素早く走る虫とか、、

何かを動かすたびにおっかなびっくりです。
お願い、何も出ないで、、と祈りながらです。

虫慣れしてしまっている家族(本当は嫌だろうけど)は、
ふーん、ってリアクションだし、、
天井のライトの中で死んでいるGもそのままにされていて、
嫌なモノには触らない、見て見ぬフリ、現実逃避、という感じ。

森の中で、自然に生活する虫とはワケが違いますから。。
汚部屋だからこそ「発生」してしまっている彼らは、
不衛生極まりないので、
やはりよくないし、有害と思います。(精神的にも)

どうか、変な虫がいなくなりますように。。


汚実家あるある:ダンボール、ダンボール、ダンボール

とにかくダンボールが出るわ出るわ、です。

ちなみに、平面的につぶしてあるダンボールは皆無。
全て立方体に組み立ててあります。

ダンボールは虫が住処にすると聞いて、
怖ろしくなったので我が家には現在ダンボールは一切ありません。
かつては押入れの中に、引っ越してきた時のままのダンボールがありましたが、
虫は嫌!!!と思って必死になくしました。。

そのダンボールが、汚実家には山のように。。
というか、本当に山になっています。
ごっちゃごっちゃと、、

キレイなダンボールならまだしも、
破損していたり(なのにテープで補強してあったり、、)
黒いなと思ったらカビだったり、
虫が発生していたり、、

そんなダンボールに「○○(名前)の!動かさないで!」
とか書いてあったりして眩暈が。。

あとは、ダンボールを開けたら、中身が空!とか、
食べかけの何かやエンピツだけ入ってたとか、
古い食器セット(変色しているし虫もいるし)とか、
新聞やカタログやDMとか、、

お中元か何かのダンボールが送り状もそのままで未開封、なんてモノまで、、

ダンボールを収納代わりにするのならまだマシだなとすら思いました。
ダンボールを相当潰しましたけど、
虫やホコリで手がかゆくなるし、しんどいです。

配達用のダンボールは、
荷物を梱包し、相手に届けるのが役目。
それを終えたら、その時点でお役目終了、です。

荷物を受け取ったら、
即解体して捨てる準備をするといいかなと思います。

私はダンボールの荷物を受け取ったら、
室内に持ち込むのも嫌なので、
玄関で受け取り→解体→処分(できるように準備)
をするようになりました。

それを「後でいいや」と積んでおけてしまうような部屋なら、
もう、そのダンボールは部屋の「風景」と化します。
まさしく汚実家はその典型。

「木を隠すなら森の中」
な状態になってしまっています。

まとめ

今回の汚実家あるあるは、
「面倒なコトを先延ばしにした結果」
なモノが関係していると感じます。

その時にすぐに対処していれば、
ちっともオオゴトにはならなかったのになぁ。。

もしも、「ギクッ」となった部分があれば、
ぜひ、早め早めの対処を心がけましょう。
(自分自身にも言い聞かせてます。。)

汚実家の話はまだまだ奥深ーいので、
これからも少しずつ出てくると思います。

<関連記事まとめ>

https://manakiteruko.com/entry/category/汚実家

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。