国民年金をクレジットカード納付に決めた理由!2年前納割引とポイント還元の合わせ技がお得!

国民年金のクレジットカード納付の申し込みは、
2月末日締め切りですので、迷っている方はお早めに!

ということで!
クレジットカード納付の申請を済ませてきましたので、
私がこの支払い方法に決めた理由について書きます。

<関連記事>

国民年金は2年前納しても控除証明書で各年に分けて確定申告ができる話国民年金の2年前納について書きたくて、 まずはこのお話。 国民年金の2年前納は所得の少ない年にすると税金で損する? 国民年金は、前...

国民年金の2年前納は一番手っ取り早くお得で安いのは口座振替

まず、国民年金の納付方法は「口座振替」「現金納付」に分かれます。
口座振替と現金納付を比べると、口座振替の方が安い!んです。

日本年金機構の公式ホームページを見ても、
文字ではそのように書いてあっても、比較した表が見当たらない、、

ので、2年程前に年金事務所の窓口でもらったチラシを載せます。
(あれこれ私の文字で書き込んでますがそれはあまり気になさらず、、)

その年度によって金額自体は変わるものの、
こんな感じで、「口座振替」と「現金納付」で割引額が違う、
というのは分かると思います。

そして、2年前納がいかにお得かも一目瞭然!

で、クレジットカード納付の割引額は?というと、
クレジットカードでの納付額=現金納付と同額です。

それなら、クレジットカードを使わず、
口座振替で納付するのがお得だ!
って思いますよね、、?

それがそうとも言い切れないので、
話は続きます。

現金+ポイント還元でいいならクレジットカード納付が一番お得!

そう、クレジットカードには「ポイント還元」があります。

ポイント還元率がいいカードについては、
詳しく書いているサイトがたくさんあるので、
そちらで比較していただくとして、、

私が今回の納付にも使った「楽天カード」はポイント還元率1%、
100円で1ポイント(=1円相当)が還元されます。

(私は楽天カードを半年前に作ったばかりのビギナーですが、
年会費永年無料なのに、かなりいい思いをしています、、!
楽天カードについてはまた改めておすすめしたいと思います、、!)

お手持ちのクレジットカードの還元率が何%なのかにもよりますが、
私はあくまでこの楽天カードの1%を考慮して検討したので、
それを前提に話を進めていきます。

(結果、楽天カードで納付すると決めたわけなので、
お得なのは伝わると思います、、!)

2年前納での割引額「だけ」を比較すると、、
(平成30年度)

<クレジットカード・現金>
14,420円割引

<口座振替>
15,650円割引

→つまり、口座振替の方が、
 1,230円お得!(2年あたり)

参考:日本年金機構公式ホームページ

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/index.html

ですが!
これは、あくまで「直接的な手元の口座の現金を比べたら」です。

先述の通り、
「クレジットカード支払いのポイント還元」
を考慮してみましょう。

<現金>
14,420円割引

<クレジットカード>
14,420円割引+ポイント還元3,780円相当
=18,200円割引相当!!!
(2年前納の総額378,580円の1%
=3,780p=3,780円で換算)

<口座振替>
15,650円割引

→つまり!
 クレジットカード納付が一番安いと言えます。
口座振替よりも2,550円相当お得ということに、、!

ということなんです!

トータルで考えたら、クレジットカード納付が一番お得説です!

私は還元されたポイント(楽天スーパーポイント)を、
楽天市場で通販に使ったり、
街の色々なお店でも使えるので、
絶対に無駄にしない!と分かっているので、
もう、クレジットカード一択だったわけです、、!


実際にクレジットカード決済での納付申請済み

私は2年前から、2年前納を使っていますが、
前回は結構ギリギリになってしまって慌てたので、、
今回は1月早々に手続きを済ませてきました!

金融機関や年金事務所の窓口に提出しなくても、
郵送でも手続きは可能なんですが、
郵便事故があったらとか、不備があったらとかが嫌だし、
窓口でその場で書いて見てもらって、
その場で控えを持ち帰れる窓口派です。

ただし、待ち時間がすごく長くかかることを覚悟しないといけないです。
(今回も45分ほどかかった、
けどそれを見越して暇つぶしできたので問題なし!)

そして窓口までわざわざ時間と労力と交通費をかけて行かねばなりません。
(けど近くのおいしいお店に行くついでにしたので問題なし!)

・・・というスーパーポジティブ変換をして行きましたので、
同じ気持ちになれる方には窓口もおすすめです!
が、正直めんどくさいので郵送でもいいとは思います。
私はトータルでの「安心感」を選んだだけです。

クレジットカードの納付は、
何かしらの理由で手続きが完了しない、ということもあり、
その場合には、数週間後に「ダメでした」の通知が届いてしまいます。。

これが見本。

「もしダメだったらどうしよう、、」
という不安を抱えるのが少々ネックなんですが、
カードの限度額等、特に問題がなければ大丈夫!

ちなみに、
手続きが検量した場合の「OKです!」の通知も、
申込から数週間後に送ると書かれているんですが、、

「いえ、カード会社の引き落としが反映されてからになります」
と、窓口の担当者に言われてしまい、
「なんという心休まらない感じなんだ、、」
と不安が増しましたが、、

おそらく大丈夫、と思って待つことにします。

万が一、カードでの支払いができない場合には、
「現金納付」で納めないといけないと言われたので、
そうなったら最悪です、、
せっかくお得に払うはずが、割引額の最も少ない現金納付になってしまう、、

それこそ大人しく口座振替にしておくのが、
一番手っ取り早く安心と言えばそうなので、
以下のような方には、クレジットカードでの納付は向かないかなと思います。

・クレジットカードのポイント還元より手元のお金が減らないのが大切
・クレジットカードの限度額が心配
・クレジットカードを持っていない

口座振替でもお得なことには変わりないし、
他の支払い方も色々ありますから、
納得いくまで調べたり聞いたりしてみて、
自分に合った方法を選ぶのが一番です!

まとめ

国民年金の2年前納、
クレジットカード納付が向いている方をまとめると、

・クレジットカードのポイント還元率を計算してお得な方
・現金だけで考えずトータルでお得だと思える方
・クレジットカードの限度額内で納付できる方

という感じですね!

ただ言えることは、
「なんとなくで決めると損をする」
ということ。

自分で知って、選んで、決められれば、
何を選んでもいいと思いますが、
知らずに「選ばされる」って嫌ですよね。

そして、金額だけで選ぶのもちょっと違う。

そうすることでかけた手間分の価値があるか、考えます。

1円でも安いスーパーを探したり、
自転車で遠出したり、自動車でガソリン代をかけたり、、
そこにしっかりとした、自分なりの「意味」があるか。

先程の私の「年金事務所の窓口に行った話」もいい例で、
ただ何も考えずにそれをしたら、時間もお金も労力も、
ただの無駄!になってしまいます。

でも、私なりに「選んで」「決めて」そうしたので、
その行動だけ切り取ったら見えない「価値」「意味」があります。

だから、いいんです!

自分にとっての
「これがいい!」
を選んでいきたい。

みなさまも納得のいく素敵な選択を、、!

<関連記事>

奨学金の繰り上げ返済(返還)をしてよかったと思うこと。 この画像は、実際に私が奨学金の返済を終えたとき、 機関から送られてきた、奨学金返還完了通知。 このときの気持ち、忘れたく...
国民年金の免除のメリット・デメリットを知った上で払おうと決めた理由正社員という肩書きをしばらく前に手放しました。 正社員時代には、お給料をいただくのと同時に、 当たり前のように天引きされていた厚生年...

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ABOUT ME
まなき
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。