おすすめ本(書評・感想)

【生き方も取捨選択】もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活 【書評・感想・レビュー】アズマカナコ著

物も心も、
たくさんのことで溢れがちですが、

できることなら、
大切なことを選んで生きたいですよね。

ということで、
読んだのは2016年のことですが、
過去の感想も記していくという試み。

いい本は、
古くならないですしね。

アズマカナコさんの、
「もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活」
です。

【こんな方におすすめ】もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活

ミニマリストブームがあったりもして、
まさに私も、
そういった流れで手にした本でしたが、

単純に、
「物を」もたない、すてない、ためこまない、
というお話ではなくて、

「人生において」
もたない、すてない、ためこまない
ということを考えることになり、
生きやすくなるきっかけをくれた本でした。

なので、

・人生がうまくいかない
・自分のダメな部分が気になる
・自分の得意なことが分からない
・過去のことを引きずりやすい
・新しいことを始めたいけど勇気が出ない

という方は、
こちらの本を読むことで、
ハッと気付けるかもしれません。

【生き方も取捨選択】もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活 【書評・感想・レビュー】

以下、個人の感想文です。

アズマさんご自身の吃音の症状の話に胸が苦しくなると同時に、
できる限りの努力をした上での「気付き」に感動。

不得意なことに時間やエネルギーを費やしてもそれに見合う成果は得られないのでは、と気付いたのです。それなら、その時間やエネルギーを、他の伸びる可能性が高いところに配分した方がいいかもしれない、と考え直しました。

これです、これ。

みんなが当たり前にできることができる、
のが当たり前でない。

できなくても、
他のことでがんばればいい。

これに気付くことができれば、
悩んで苦しくて辛い人がどれだけ楽になれるか。

誰かの当たり前は、
誰しもの当たり前ではない。

これをみんなが心に持っていれば、
いじめや差別がなるなるんじゃないか。

なくならないにしても、
せめて自分はそういう気持ちを持ってたいなと思う。

私は簡単な足し算や引き算がとてつもなく苦手で、
数学が得意な父親に
「俺の子じゃない」
とまで言われたけれど、

その代わり、
多分、できること、あるな、
と今は思える。

でも、あのときは、本当に辛かった。

自分が一番、
なんでできないんだろう?
って思ってるのに、
親に言われたんだから。

親ができても子ができないことなんて、
いくらでもある。

親にできなくても子ができることだって、
いくらでもある。

自分らしさを見つけたらいい。

できないことを悔やむより、
できることを伸ばしたらいいんだ。

と思ったのでした。

【他人は関係ない】もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活 【書評・感想・レビュー】

人の意見が気になること、
人の意見に引っ張られること、
ありますよね。

アズマさんの言葉に、
自分を重ねながら、
思ったことがあります。

新しいことを始めたり、人と違う生き方をしようとするとき、たいてい周りから反対や否定をされるものです。私も散々「無理」「できるはずがない」「続かない」と言われました。でも、他人が「こうあるべき」と言うことや世間の常識が、自分に当てはまるかどうかはわかりません。

ほんとこれです。

あの人が無理でも、
私はできるかもしれない、
のに。

だけど、たいていの人は、
「ああそうだよな、自分にできるわけないよな」
としょんぼりして諦めてしまいます。

私もしんどい時期がありました。

それに、
相手に対してムカムカしたりすることも。

けど、相手に悪気はない、
(そして、自分も悪くない!)
と気付けたとき、
スッと楽になりました。

相手は、私を陥れたり、憎んだりして言ってるのではなくて、
心配してくれていたり大事に思ってくれているからこそ、
転ばないように、つまずかないように、傷つかないように、
守ろうとしてくれているだけで。

だけど、それでもやってみたいことならば、
周囲の意見に振り回されず、やってみたらいいんです。

だって、自分の人生だから。

転ばないように杖を差し出してくれているその人のための人生ではないんだから。

ありがとう、心配してくれて。
でも、やってみたいの。

それでいいんです。

だって、その人と自分は違うんだから。

と、思えました。

まとめ

まず整理しておく必要があるのは、
「物」より「心」なんだよなぁということ、

何を選び、
何を選ばないか、

それはシンプルなようで難しく、
だけどとても重要で、

時間がかかっても、
それができるようになれば、
生きやすい人生が待っているなぁと、

今もたびたび思います。

「もたない」
「すてない」
「ためこまない」

と聞いて、
今、思い浮かべるのは何ですか?

パッと答えられなかったり、
頭の中も部屋の中もゴチャっとしている…
という方は、

一度読んでみてはいかがでしょうか。
私は読んでよかったです。

その他、おすすめの本と、
それらの書評・レビュー記事↓

【エッセンシャル思考】

【ぼくたちに、もうモノは必要ない。】

【幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない】

<関連記事>

転職や生き方で悩んでいるならおすすめしたい本「エッセンシャル思考」の感想・書評今の仕事に悩んだり、 転職しようか迷ったり、 どう生きていけばいいか、 分からなくなったり、 年齢を重ねれば重ねるほど、 ...
【書評・感想】ぼくたちは習慣で、できている。発売を楽しみに待っていた本、 「ぼくたちは習慣で、できている。」 (佐々木 典士さん著) ぼくたちは習慣で、で...
付箋だらけになった本:幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない 【書評・感想・口コミ・レビュー】 幸せになりたい人も、 幸せになれないと悩む人も、 見える景色が変わる本。 それが、 「幸福になりたいなら幸福になろう...

ここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ABOUT ME
まなき
ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。